バス会社にある「仮眠室」ってどういうところ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

バス運転手は乗客の安全を確保する非常に神経を使う仕事。
各バス会社は運転手の体調管理に気を配っており、中には仮眠室が設置されているところも!!

仮眠室が「カプセルホテルのように綺麗!」
と噂のバス会社がありましたので取材に行ってきました!

仮眠室内

運転手は普段どんなところで仮眠を取っているのでしょうか、、、?

今回、取材をさせていただいたのは帝産観光バス・東京支店。

帝産観光バス入口写真

帝産観光バス・東京支店はバス保有台数64台の大所帯の事業所。
運転手はこの道30年のベテランの方から、最近入ったばかりの若い方まで幅広い層の方が在籍しています。

その数なんと、50人以上!!

帝産観光バス・東京支店に潜入!

早速目につくのは大型バス!
東京都内でも数ヶ所しかないといわれる大型バスの立体駐車場にバスが何台も並んでいるのは圧巻です!!

帝産観光バス車両

立体駐車場構内のバスに見とれつつ、いざ社内へ!
お目当ての仮眠室を発見しました!

仮眠室入口

真っ白できれいな扉。
何か普通とは違う雰囲気が、、、
扉を開け、いざ部屋の中へ!!

カプセルホテル並みの仮眠室!

部屋に入ってビックリ!

仮眠室内

ここは最先端のカプセルホテルなのか???

カプセルホテルのようなベッドスペースがズラリ10部屋。

仮眠室内

モデルルームにあるものをそのまま持ってきたのではないか?
と思われるエアコンやカーテンがあります。

エアコン・カーテン

清潔感がある真っ白な壁に落ち着いたブラウンを基調とした部屋。
気になるベッドスペースは、、、?

ベッドスペース

ベッドルームには好きな暗さに調整可能な照明が枕元にあります。
その上にはファンもあるので空気周りも快適。
暑苦しい夏場も快適、清潔!!

見た目はとてもきれい。
ですが仮眠室は寝る為のところです。
快適な睡眠の為には寝具も大事なのでは、、、

ということで、ここで気になる布団をチェック!!

布団

ふわっとしていて暖かそう。
もちろんシミや汚れもありません。

何故こんなに綺麗なのか管理者の方に聞いてみました!

- 布団はいつもこんなにきれいなのですか?

管理者「布団は定期的に取り換えています。
今は冬物ですけど夏は涼しい夏布団に切り替えています!
全寝室に季節に合わせた布団を用意しています!」

寝心地はどうなのでしょうか?
普段使用している運転手の方に聞いてみました。

- ズバリ!寝心地はどうですか?
運転手「快適です! ストレスなく、ぐっすりと睡眠がとれます。
室内は静かなので雑音など気になりません。
ファンもありますし夏場は家よりぐっすり眠れます!笑」

本当に快適な仮眠室とのことでした。

なぜこんな贅沢な設備にしているのか? 帝産観光バス管理者の方に聞いてみました。

管理者「運転手の健康管理には特に気を遣っています。
観光バスは交通状況によって帰社が遅くなってしまうことがあります。
ですが次の日も仕事があります。
良質な睡眠をとって、その日の疲れをちゃんと取っていただきたい。
お客様に「最高のおもてなし」をするために、まずは働く社員たちが万全な状態でなければいけないと思っています。
全てはお客様に最高のサービスを提供するためです。」

運転手の方が「とりあえず休める場所」
ではなく
「ちゃんと休んで元気を取り戻せる場所」
そんな会社の思いやりがここにはありました。

協力:帝産観光バス株式会社

ホームページリンク:http://www.teisan-bus.co.jp/

バスギアリンク:https://job-gear.net/teisanbus/

この記事をシェアしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • FaceBookのフォローは2018年2月で廃止となりました。
    フォローの代わりにぜひ「いいね!」をご活用下さい。