全国初!女性所長がしずてつジャストライン(静岡市)に誕生した!!

女性所長
北川 晃代 (1995年2月入社)
西久保営業所所長
北川 晃代 (1995年2月入社)<br>西久保営業所所長
静岡市清水区にある しずてつジャストライン西久保営業所。
2017年3月より清水区辻にあった旧営業所から移転し、新しく清水区高橋町でスタートをきった。
この営業所はハイテクかつ、働く運転手の事を考慮した近代的施設であり、バス業界内でも注目、見学に訪れる関係者が絶えない話題の営業所だ。

あたたかいメンバーに囲まれてスタート

この営業所を取り仕切るのが、元気な笑顔がトレードマークの北川所長。

しずてつジャストライン2人目の女性運転手として入社、その後、高速バス運転手・運行管理者・採用担当など様々な部署・業務を経験し、2017年9月からバス業界初の女性所長として、勤務している。

「今まで、運転手仲間として一緒に勤務していたメンバーの中に所長として戻る事に、喜びもあったけど不安もありました。受けいれてくれるかなあって。あと、純粋に“私につとまるのかな”とも。」

「でも、そんな不安は初日に吹き飛びましたね。みんな全く変わってなかったんですよ。面白かったのはみんな“所長”って、なかなか呼べないところ。“晃代さ・・・しょっ、所長”って感じで。(笑)でもそんなことは全く気になりませんし、何よりあたたかく受け入れてくれたことが嬉しかったです。」

今までも同社内で初の女性運行管理者等、女性キャリアを切り拓いてきた彼女だが、やはり“所長”という役割にはプレッシャーもあった模様。が、明るい彼女のキャラクターがそれを特別な事に感じさせない。

安全運行に不可欠なメンタルケア

所長の仕事は運営管理をはじめ様々だが、中でも最も力を入れているのが、安全運行の為の指導。運転手とドライブレコーダーを見ながら技術改善を図るなど様々な取り組みを行っているが、北川所長が特に力を注ぐのが運転手のメンタルケア。

「ほら、仕事に行く前に家族と喧嘩してモヤモヤした気持ちで会社に行くのって嫌ですよね。それと同じ。乗務に向かう運転手には元気に声を掛けて、気持ち良く送り出す事を常に心がけています。運転に集中できる環境をつくってあげるのは私の大切な仕事であり、一番の事故防止策だと思うんですよ。」

また、気になる運転手には個別に面談も重ねる。

「人に相談しづらい悩みって、皆が抱えているんですよね。おかしいなって思ったら、愛情を持って本音で接してみる。私と話す事で解決できる事もあるんですよ。一緒に頑張ってくれる運転手に、少しでも気持ち良く働いてもらいたいですから。」女性ならではの心配りが、現場の運転手に活力を与える。また、このように運転手のやる気を引き出す事は大きなやりがいだと彼女は語る。

「あと、心がけているのは自分で全部やってしまわない事。各役割の人を信頼して任せてみる。それぞれ確認はしますが、人を信じて任せる事が、信頼関係を生み出し、組織を育てると思うんです。もちろん、自分自身もですよ。」

華奢な北川所長だが、デスクに座っていると何故だか大きく見える。

その理由はこのあたりにあるのかも知れない。

もっと女性が働きやすい環境を

しずてつジャストラインは女性の活用に積極的。女性の所長登用をはじめ、女性運転手が働きやすい環境づくりを以前から進めてきた。

「夢は、託児所を営業所内に作る事なんですよ。」

北川所長は真剣にこう語る。

「女性は仕事において、結婚・出産といったライフイベントがどうしてもネックになりがち。特に子供が幼い間は、活躍できるフィールドが狭まる傾向がありますよね。託児所を設ける事で、若いママさんがもっと安心して働けると思うんですよ。子供を預かってくれるからここで働くっていう仕事の選び方があってもいいと思うし、仕事をすることで収入面も含めて、もっと充実した生活が送れると思うんです。」

彼女自身が経験してきた故に、彼女は女性の働きやすい環境づくりに本気で取り組もうとしている。

実際に、採用担当者時代は“女性限定会社説明会”を開くなど、同社の女性運転手活躍の土台を築いてきた人物だ。運転手経験のある彼女は、自身の経験を直接説明会参加者に伝え、多くの女性運転手を採用してきた。女性が活躍する環境を作ってきた第一人者としては、環境整備が進んできている現在でもまだまだ妥協は許されない。

「あとは、家族の理解ですかね。家事の分担とかではなく、女性が仕事をする事への本当の意味の理解。これは必要不可欠です。そのあたりで私は主人や子供に感謝しています。」

同い年のご主人とは、長年共働き。今回の所長昇進も快く祝福してくれたようだ。

女性運転手はかっこいいんです!

北川所長と話をしていると、女性がバス運転手になるという事は何ら特別な事ではない、それどころか、女性である方がメリットが大きいようにも感じる。

「まず、バスの運転手は、力仕事って全く無いんです。バスもどんどん進化しています。パワーステアリングはもちろん、AT車の導入やバックモニター等、今のバスは運転手に優しい機能が盛りだくさんです。また、女性ならではの優しい接客・運転はもちろん、女性運転手だと質問しやすい、優しいから安心などお客様からも好評なんですよ。」

「あと、なんといっても女性運転手はかっこいい。女性運転手のバスがいたら、注目してみてください。制服・制帽を着て大型バスを運転する姿は輝いています。何といっても私がバス運転手になったきっかけは、女性運転手をみて憧れたからなんです。私が言うんだから間違いないでしょ!(笑)」

女性の社会進出に関して熱い想いを持つ北川所長。

これからも全国初の女性所長として益々活躍が期待される。そして、業界全体を巻き込んで、女性が働く環境を、彼女がさらに切り拓いて行く気がしてならない。

近い将来、二人目、三人目の女性営業所長は必ず生まれるだろう。

協力:しずてつジャストライン株式会社

ホームページリンク:http://www.justline.co.jp/

バスギアリンク:https://job-gear.net/justline/