LET'S EXPERIENCE BUS GEAR EXPO

人生の花は、いつ咲くかわからない。走った“あと”にも、花は咲く。

バスギアエキスポは「バス運転手」専門のお仕事説明会です。VR体験やセミナーで1日お楽しみいただけます! SEE DETAIL
バスギアエキスポは「バス運転手」専門のお仕事説明会です。VR体験やセミナーで1日お楽しみいただけます!
SEE DETAIL

三重交通㈱中勢営業所社員食堂のこだわり社食グルメレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の名前はギア13世。この世に生を受けて以来50年以上、うまい料理との出会いを求めて社員食堂に通い続ける毎日を送っている。そんな私にバス運転手総合サイト『バスギア』から、バス会社の社員食堂メニューレポの依頼が入ったようだ。ふん、各所から引っ張りだこであるこの私に、まさかのノーギャラで依頼してくるとは・・・。
おもしろい!その挑戦、受けて立とうではないか!!
ギア13世
プロフィール 名前:ギア13世
性別:男
年齢:不詳
国籍:不明
職業:無職
特技:やたらシェフを呼ぶ事

ということで、記念すべき第一回は三重県津市にある、三重交通㈱中勢営業所社員食堂に訪問してみたぞ。

三重交通㈱中勢営業所前
三重県津市にある、同社でも大型の営業所だ

さあ、今日はどんなグルメが私の舌を唸らせてくれるのか。
いざ、社員食堂へ。
社員食堂メニュー
入った所に今日のメニューが。
ふん、どちらも私の大好物ではないか。もちろん両方いただく事にするぞ。
メニュースケジュール
一週間のメニューが記載されておる。
東海地区ならでは、きしめんもあるようだ。
食堂の様子
食堂の席数は30席を超える。テーブルに並べられた調味料の横には食べ放題の漬物が。
整理整頓・清潔な空間。ふん、これは料理にも期待が持てる。
配膳は、もちろんセルフ式。これが社員食堂の醍醐味でもある。
トレーを手に、まずはAの中華飯を注文してみたぞ。

野菜と豚肉たっぷりの具だくさん中華飯

中華飯
野菜と豚肉たっぷりの具だくさん中華飯。
鶉の卵とイカものっているではないか。
とろみのついた餡は、程よい照りがあり、食欲をそそる。
定食メニューとして、中華飯以外に選べる小鉢を二種類と味噌汁が付く。今回は、ほうれん草の和え物とさつま揚げをチョイスしたぞ。
中華飯を食べている写真
いざ、実食。
ジューシーな野菜は白菜ともやし、それに人参か。一緒に口に入れた豚バラ肉のうまみが一気に広がり、鼻から抜けて行く。ニラも良いアクセントだ。塩加減は抜群、ご飯の固さもちょうど良く、餡をまとっても飯粒一つ一つが崩れていない。いわゆる"丼"としてのまとまりを感じる逸品だ。
旨い。

続いて、Bの麻婆豆腐も注文してみたぞ。

麻婆豆腐

麻婆豆腐
なかなかのボリュームだ。
麻婆豆腐につけあわせのキャベツが憎い。色は想像していたより濃い。麺の様に見えるのは春雨か?こちらも定食メニューとして、小鉢二種類と味噌汁が付く。丼ではないので、ご飯がついてくるぞ。
麻婆豆腐を食べている写真
いざ、実食。
うん、豆鼓と山椒の香りが刺激的に舌に絡みつく。結構辛めの味付けだ。しっかり火の通った豆腐は絹ごしだが、型崩れも少なくエッジも残る。これは料理人の腕が確かな証拠。春雨と見せかけ弾力のある葛きりののど越しと挽肉の食感も何とも言えず心地よい。
これはご飯がすすむ。旨い。

しかし、この旨さとボリュームで一食380円とは・・・。
ふん、何と素晴らしいことだ・・・。

そして噂によると、この食堂には人気メニューがあるらしいな。 ここは無理をお願いして、ぜひ食させていただこうではないか。

鶏のからあげ

鳥のからあげ
とりのから揚げ。
『ベタじゃねーか』と思った諸君。シャラップ!
下味のしっかりついた柔らかくジューシーな鶏肉に、カリッとした衣。口いっぱいに溢れる肉汁も決してしつこくなく、いくらでも食べれてしまう。
なるほど、人気メニューであるはずだ。
ちなみに、諸君には内緒でこのから揚げを麻婆豆腐に浸して食べてみたぞ。それは禁断の旨さだった事は、想像に難しくないだろう。

チャーハン

チャーハン
つづいては炒飯。
『おいおい、またベタじゃねーか』と思ったテレビの前のお友達。ビークワイエット!
高温のフライパンでしっかりと煽り炒めされた炒飯は、パラパラ。いわゆる中華料理店で出てくるそれだ。
具はチャーシュー、卵、ネギとシンプルであるが、チャーシューの味は濃い目でしっかりと肉を感じる。油は少な目、重くない。
こういったシンプルな料理こそ、料理人の腕が問われるものだ。シンプルに旨い。

白身魚のフライタルタルソース

白身魚のフライタルタルソース
人気メニューの最後は、白身魚のフライタルタルソースだ。
この日の魚は鮭。見た目の美しさ、揚げ油のコンディションも良さそうだ。
しっかり目の揚げ具合で、衣はサクサク。鮭のうまみがたっぷりと包み込まれている。
鮭自体も程よく脂をまとい、ジューシー。少し酸味のあるタルタルソースとの相性も抜群である。3枚、ぺろりと平らげてしまったぞ。
ふん、三重交通中勢営業所の社員食堂。やるな・・・。
私の舌をここまで唸らせるとは・・・。
これはもうガマンできない!シェフを呼んでくれ!シェフを!!

注)自分で呼びに行きます
中道料理長の写真1
おお!アナタがこの料理を作ったシェフでありますか?

『そうです。私がここの社員食堂 料理長の中道です。』

【シェフデータ】
中道(なかみち)料理長
中勢営業所社員食堂の主。
気さくで優しい笑顔の持ち主だが、料理に対する眼差しは真剣。焼肉店を20年以上経営していた経験あり。三重交通グループである三交興業㈱に所属し、バス運転手の胃袋を満たすべく腕を振るう。

ぜひ、お礼を言いたい。
私は感動した。こんな旨い料理が社員食堂で食べられるという事実に。

『ありがとうございます。(笑)通常、三重交通の社員食堂は、給食業者に委託しているのですが、ここ中勢営業所だけは、名阪国道でドライブイン事業を展開するグループ会社が運営しています。こだわりのポイントは全て手作りという事、そして冷凍食品は殆ど使っていません。毎日、頑張って安全運転を続ける運転手さん達に栄養あるものを、そして美味しいものを食べてもらいたくて。』

ふん、その心意気。流石という言葉しか見当たらない・・・。
中華飯を持っている中道料理長の写真
『寮生活や独り暮らしの運転手さんもいい仕事をするには食生活から。この中華飯なんて、野菜たっぷりで栄養満点でしょう!運転手さんからの要望があれば、夕飯も作り置きしますし、ご飯の量や好き嫌い等好みにも対応しますよ。』
という事で、三重交通㈱中勢営業所の社員食堂。
実に旨かった。
接客業である運転手の為にニンニクを控え目にしたり、栄養バランスを考えたりと運転手に対する愛情がたっぷりと詰まった食堂だった。
人の愛情に飢えた私にとって、それはうらやまし過ぎる環境である。

ふん、敢えて言おう。 三重交通について知りたければ、下記リンクからそれぞれアクセスしたまえ。

取材協力:三重交通株式会社

公式ホームページ 採用ホームページ
次はどんな社員食堂に出会えるのか。
バスギア編集部からの連絡を、楽しみにしているぞ!
では諸君、ごきげんよう。

この記事をシェアしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • FaceBookのフォローは2018年2月で廃止となりました。
    フォローの代わりにぜひ「いいね!」をご活用下さい。