LET'S EXPERIENCE BUS GEAR EXPO

人生の花は、いつ咲くかわからない。走った“あと”にも、花は咲く。

バスギアエキスポは「バス運転手」専門のお仕事説明会です。VR体験やセミナーで1日お楽しみいただけます! SEE DETAIL
バスギアエキスポは「バス運転手」専門のお仕事説明会です。VR体験やセミナーで1日お楽しみいただけます!
SEE DETAIL
優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』 優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』 優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』

横浜市、連節バス「ベイサイドブルー」を2020年6月より運行開始を発表

バスグラフィックが情報更新 横浜市が山下ふ頭と横浜駅東口を結ぶ連節バス「ベイサイドブルー」を2020年6月より運行させる

バスグラフィックが更新した情報によると横浜市は、都市臨海部の回遊性向上を狙いとして、山下ふ頭と横浜駅東口を結ぶ連節バスを運行させることを発表したと伝えています。

同車両は水際線沿いを運行するにあたって鮮やかなブルーをベースとしたカラーリングが特徴。水際をイメージさせる「ベイサイドブルー」と名付けられ、観光客らの足となると同時に街のシンボル的存在を目指すとのこと。

さらに市が発表したところによると、ルートの一部が既存の市営バス路線と重複するため、路線再編を視野に入れており、また、バス停の設置についても各関係機関と協議していくことを報じています。バス料金は現在の市営バス220円を基本として検討が進んでいる模様。

バスグラフィック誌は同発表を受け、同士ならびに同車両に注目し、今後も積極的に取材を行っていくとのことを伝えています。
また同誌は新刊『バスグラフィック』Vol.36を昨日10月3日(水)に発売したばかり。
本号も充実の内容となっている。

■神奈川中央交通 新型メルセデス・ベンツ・シターロG連節バス
辻堂駅北口~湘南ライフタウン・慶応大学の路線で運行開始した車両をご紹介。巻末の横長ポスターに4面写真を掲載。

■しずてつジャストラインの復刻塗装車たち
今春登場した三菱ふそうエアロエース2TG-MS06GPの2種と、三菱ふそうエアロスター2PG-MP38FMの1種をご紹介。

■[こんなバス知ってる?]改良型リフト付きリムジンバス
初夏に東京空港交通へ導入された改良型リフト付きリムジンバスのリフト展開を写真で順を追ってご説明しています。

■立川バス 福生新営業所と旧・拝島営業所、瑞穂営業所
今夏、立川バスでは拝島営業所と瑞穂営業所が統合され、新たに福生営業所が開設されたため、新営業所紹介記事と、旧・拝島、瑞穂両営業所の惜別カラーグラフで構成。

■讃えよう P-車の功績
日立電鉄交通サービスの三菱ふそうエアロミディP-MK117J改(水戸200か・272)、椎名観光バスのいすゞジャーニーK P-LR312J(水戸200か・577)、新常磐交通の日野ブルーリボン

P-HT235BA(いわき22か・327)およびいすゞキュービックP-LV314L(いわき22か・330)をご紹介しています。

ぜひ、お近くの書店にてお求め下さい。