2017.11.01

~バスグラフィックニュース~
「サンリオピューロランド号」の運行が話題に

7月7日(金)より東京・多摩地区⇔成田国際空港の空港連絡バスに「サンリオピューロランド号」が加わる。

サンリオピューロランド号は、京王バス南とサンリオエンターテイメントのコラボレーションによって多くのサンリオキャラクターがあしらわれているのが特徴とのこと。

7月6日(木)には、成田国際空港第1ターミナルおよびエプロン内にて報道ならびに関係者などへ向けたお披露目式が行われ多くの報道陣を魅了していました。

本セレモニーでは、京王電鉄バスの立石 努 常務取締役運輸営業部長と、サンリオエンターテイメントの小巻亜矢 取締役・サンリオピューロランド館長が挨拶。ハローキティとマイメロディから立石常務取締役へ記念パネルが贈呈されました。
また、羽田空港便用の「サンリオピューロランド号」では、三菱ふそうエアロエースのピンク色をベースにした外観であることに対し、成田国際空港便用の「サンリオピューロランド号」は、日野セレガでスカイブルーをベースにした外観となっており、描かれるサンリオキャラクターのデザインも大きく異なるとのこと。

車内にはサンリオキャラクターに関連する設備や案内が備わっており、ファンにはたまらない仕様となっている。バスファンだけでなく、サンリオファンならぜひ乗っておきたい。