優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』 優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』 優良バス会社が集結!バス会社への就職を加速させる合同企業説明会『バスギアエキスポ』

バス運転手専門就職イベント「バスギアエキスポ」がキッカケで夢を叶えた胡麻崎運転手27歳。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験からの転職を成功させられた秘訣は、納得するまでトコトンFace to Faceで話ができたから

バス運転手を目指す方とバス会社の人事担当者が直接会って面談ができる就職イベントの「バスギアエキスポ」も2018年12月で2回目の開催となりました。数あるバス運転手採用イベントの中でも約半数が未経験者と集客層に特徴がある当イベント。更にバス運転手人口を底上げする就職イベントとなれるように、バスギア編集部内では来場者の皆様が会場内でどの様にバス会社選びを行なっているのか?そして「その後」どの様なバス運転手として活躍されているのかを追っていました。
そんな時にエキスポの来場者が北港観光バス様に採用され、現在活躍中との情報が舞い込みました!!早速、インタビューを敢行。
現在、バス運転手として活躍中の胡麻﨑直志(ごまさきただし)さんに「いったいどんな思いでエキスポに行くことにしたのか?どんな基準でバス会社選びをしたのか?」を伺った。
今回の主役は、企業の送迎バス運転手として活躍している胡麻﨑直志(ごまさきただし)さん。
さまざま仕事を経験し、自分自身がやりたい仕事とは何なのかをずっと模索してきた中で、今の職場にたどりついたと語る胡麻﨑さんが北港観光バスを選んだ理由とは。

胡麻﨑直志(ごまさきただし)さん27歳

「戸別配送ドライバー・高速道路の警備員・大手自動車メーカーと車にまつわる仕事を経験されてきた胡麻崎さん。『車が好き、人が好き』そんな胡麻崎さんが天職だと考えていたのはバス運転手だった。戸別配送ドライバーをしていた時のお客様から喜ばれ直接感謝を頂けた経験が1年前の大型二種自動車免許取得のキッカケとなる。そして、昨年12月開催のバスギアエキスポで北港観光バスへ就職のキッカケを掴む。現在、企業の送迎バス運転手として20~40人乗りのマイクロバスや中型バスに乗務し活躍中。偶然のキッカケが重なり胡麻崎さんをプロのバス運転手に導いた。」

「幼少の頃は、乗り物図鑑を肌身離さず持っているほど大きな乗り物が大好きでした。就職の時も、車に関わる仕事に就きたいと決めていましたね」と語る胡麻﨑さん。
最初は、戸別配送ドライバーとしての道を選んだ。
荷物を届けるだけでなく、お客様とのコミュニケーションも取れるところに『やりがい』を感じる仕事だった。だけど、車に関わる他の仕事も経験してみたいと思うようになり戸別配送ドライバーの仕事から離れ、高速道路の警備員の仕事に就いた。数年が経ち、仕事にも慣れた頃。もう一度、車を運転する仕事で且つ人とのコミュニケーションが取れる仕事に就きたいと考えるようになった。
そこで、プロドライバーの最高峰である大型二種自動車免許を取得してバス運転手になる事を決意する。
以前、他の仕事を経験したいと思って仕事に就いた頃とは違う、強い意志が彼を動かした。
免許取得費用の為に、自動車メーカーに転職。
「実は、自動車メーカーから勤務期間中に正社員登用の話を頂きましたが、バス運転手の夢を叶えたいという気持ちが勝っていたのでお断りをさせていただきました」
契約期間満了後、ついに念願の大型二種自動車免許を取得した。
しかし、大型二種自動車免許を取得したものの、会社探しで壁にぶつかった。
「最初は、ハローワークを利用していました。何社かバス会社の説明会や面接を受けましたが、『大型二種自動車免許所持者』=『即採用』とはなりませんでした。」

就職活動が上手くいかず不安と焦りの気持ちが芽生えだしたころにバス運転手専門の求人サイト『バスギアターミナル』を見つけた。ハローワークの求人には掲載されていない情報もありとても新鮮だった。「地元大阪で働けるバス会社を検索していた時にバス運転手専門の合同企業説明会『バスギアエキスポ』が大阪で開催される告知が目に留まって『採用担当者と直接話を聞けるチャンスだ!』と参加を決めました」

「働く条件を5つにしました。まずは、『大手企業』『正社員』『地元で働ける』『休みの調整を柔軟対応できる』そして、何よりお客様を乗せた大型バスで乗務する自信が無かったので、『小型から大型へステップアップできる環境』を一番重視しました。
更に、採用ホームページを見て気になるポイントも併せてチェックして採用担当者に質問する準備もしっかりしましたね」

当日は、興味がある会社の話を全て聞きたいと意気込んで参加した。会場に入って、早速、大手鉄道系のバス会社のブースに向いました。「バス運転手の養成にとても力を入れて、教習専用の大型バスがある研修環境を整えている事に驚きました。大手企業で正社員そして、収入が安定しているのですごく魅力的に感じましたね」
しかし、小型バスからのスタートを希望であったが、大型バスからのスタートとなる点が気になっていた。その後もいくつかのブースを回り、最後に訪問したブースが北港観光バス株式会社。
「北港観光バスのイメージは、企業送迎バスでよく見かけるバス会社という感じでした。地元でも良く走っていたので親近感もありました。あと、事前にホームページを拝見していて、自分の希望にも合っていたので期待感もありましたね」

「ブースに座って女性ドライバー且つバスガイド且つ事務員さんの森さんから会社説明を聞きました。私の質問にもとても気さくに包み隠さずにお話しをして下さって、私自身にも興味を持っていただいて逆に質問を頂いたりして、すごくリラックスできましたし、良い意味で壁のない会社だなと感じました」
先に説明を聞いていた求職者の方の話が終わり、隣に座っていた採用責任者の方から話を聞く事になった。とてもソフトな語り口ですごくリラックスができて、自然と質問もできている自分がいた。たくさんのお話しができて応募するかどうしようかと迷っていると、『次の月曜日、面接に来ない?』とお誘い頂いた。『もちろん!伺います』と即答。インターネットの情報だけでなく、会場で採用担当者と直接話すことでしか感じることが出来ない社風や担当者の人柄を知る事が出来たので、安心して面接を受ける決心が出来たのだろう。
「私がバスギアエキスポに参加して感じたメリットは、当日複数のバス会社の採用担当者さんから直接話が伺えることです。どのバス会社さんも具体的な仕事の話を親切に教えて頂きましたし、面接の時に聞きづらい事もバスギアエキスポなら気軽に質問ができました」

バスギアエキスポから2日後の月曜日に面接を受けた。運転適性の試験も無事突破し『合格』となりました。「ついにバス運転手としてスタートするきっかけをつかみ本当に嬉しかったです」翌日、健康診断とNASVA(自動車事故対策機構)で運転者適性診断を受診。入社日は次の日の水曜日に決定した。「採用までのスピード感にはとても驚きましたけど、『運命』を感じました」研修時に先輩から教わった『プロドライバーの誇りを持って、お得意様のブランドを背負って運転する』を胸に刻み、お客様が快適に過ごせる車内環境を提供できるように試行錯誤を繰り返しながら業務に当たっている。

「お得意様には、一流ホテルの送迎業務もあり、高い運転技術と接客技術を兼ね備えた先輩プロドライバーが担当しています。そんなお仕事を任せてもらえるプロのバス運転手になりたいと思っています。また、将来は大型貸切バスも運転してみたいとも思っています。
そのようなお仕事を任せてもらうためには本当にたくさんの経験と努力が必要だと思います。しかし、ここには尊敬できる先輩達がたくさんいて、色々と教えてもらえる環境もあります。そんな環境に身を置いてお仕事をさせていただけているので、本当に北港観光バスに入社できて良かったと改めて感じています。
バスギアエキスポをきっかけに北港観光バスに入社した私が感じることは、ハローワークやインターネットで色々調べるのももちろん大切だけど、やっぱりその会社の担当者さんから直接話を聞くのが1番良いと思います。担当者さんと直接話すことで社内の雰囲気などを直接感じることが出来ますし、自分の想いや疑問もその場でぶつけることができます。
もし今からバス運転手になろうとしている人がいらっしゃったら、ぜひイベントに足を運び『運命の会社』と巡り合うためのきっかけをつかんでほしいと思います。」

北港観光バス株式会社

ホームページリンク:https://job-gear.jp/hokkohbus/index.htm

契約送迎バスの運行実績は、大阪府下トップクラス。その他、路線バス・貸切バスと幅広く事業展開を行っています。
徹底した車両管理、教育の行き届いた乗務員による安全で快適なバスサービスを提供する歴史と信頼のあるバス会社。

この記事をシェアしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • FaceBookのフォローは2018年2月で廃止となりました。
    フォローの代わりにぜひ「いいね!」をご活用下さい。